FC2ブログ
小児の矯正治療
当院の平井先生・松岡先生も矯正治療を始めてかなり経ちます。

先日、その成果を見ながらのディスカッションを院内の歯科医師でしました。

77k.jpg

平井先生がパソコンで説明しているところです。
歯もきれいに並んでおり、患者様も喜んでいたようでした。

松岡先生もこの後できれいに並べているケースも出してくれました。

当院では、本読み・実習・見学・手伝いを十分に経た後に、
院長の私のOKが出てから治療を開始します。
教えた通りの成果が出ていて私も嬉しいです。

最近の子供は固いものを食べる機会が少なく、
顎が小さくなる傾向があります。

歯の大きさは変わらないので、歯がきれいに生えてこないことも多いのです。
そのため5歳や6歳から矯正治療を始める必要がある子供たちが増えています。

以前は私が主に矯正治療をしておりましたが、
若い先生たちも上手に治療ができるようになり、
任せられるようになり喜んでいます。

院長   飯田高久
スポンサーサイト
MTM(mainor tooth movement)実習
飯田歯科では矯正治療の患者様も多く、
もちろん私一人での対応は困難になってきました。

そこで、やる気のある平井先生・松岡先生と休日に実習をしています。

いくら本を読んでも手先が動かないと治療ができませんので、
実際の矯正器具を使用して実習中です。

78mtm.jpg
夏季休暇にもワイヤーを持ち帰って宿題をしてくれているはずです。
私のOKが出次第に患者様の担当もさせていただく予定です。

もちろん最終的には私が責任を持ってフォローしますので、
安心して受診してください。

   院長   飯田 高久
invisalign(インビザライン)
invisalign(インビザライン)は透明のマウスピースを用いた矯正です。

12日の木曜日に当院も正式にインビザラインの登録医院となりました。

マウスピースを矯正治療で用いる方法はいくつかありますが、
世界で最も進んでいるのがインビザライン社のコンピューターを駆使した方法です。

世界で6万人以上の先生方が認定を受けて140万人以上に実績があります。

その特徴は・・

1.高い審美性! 

 透明のアラインーと呼ばれる特殊なマウスピースを装着して
いても目立つことがありません。
従来の固定式の装置と比べて、装着による不快感や見た目を気にすることなく、
矯正を行うができる、新しい矯正治療法です。

2.快適な装着感!
 
 従来の固定式の矯正器具のように口の中または歯茎を刺激することが無いため、
スポーツや楽器演奏などアクティブに活動する方々にも適した治療法です。

3.健康な衛生状態を保ちやすい! 

 いつでも取り外し可能なアライナーは、簡単に歯ブラシが出来ますし 
虫歯や歯周病の原因となるプラークが蓄積しにくいのも魅力的です。

アライナーを少しずつ変化させたものを2週間ずつはめていくと・・
76in2.jpg
76in3.jpg
76in4.jpg
最後にはきちんと歯が並ぶという装置になっています。
アメリカのサンフランシスコの工場で作成するために、開始までには少し時間は必要です。

東京での受付の様子もアップします。
76in1.jpg

飯田歯科での審美矯正の引き出しがまた一つ増えました。

   院長   飯田 高久
急速拡大床装置
先日急速拡大床装置を終了した患者さまのお母様より

「この棒はお返ししたほうがよろしいのですよね?
 ホームぺージで見させていただきましたので!」
との申し入れがありました。

このブログで2年前にアップしていたものをご覧いただいていたのですね。
大変ありがたいです。
(カテゴリーの矯正で以前のものも検索できます。)

小さい器具ですので、紛失されるかたもたまにいらっしゃるので・・・

ご本人も一度見失って困り、安全ピンをのばして使用したとのことでした。
確かにいい案ですね。折れる心配がありませんので。

いい機会ですので、この装置を使用する注意をお知らせしておきます。

1.黄色の矢印が見える面を上にして矢印方向に毎日45度回転してください。
2.回転させるときには、針金部分を持たずにプラスチックのところで支えてください。
  針金が変形してはずれやすくなります。
3.しっかりはまっていないと顎が広がらないので、そのままどんどん広げてしまうと
  大きさが合わずによけいにはまらなくなってしまいますので、ぐらぐらしていないかを
  ときどき確認してください。

よく考えてみると、この内容はここでアップするよりもパンフを作成して
お配りするべきものかましれませんね。
でも、どうせならわかりやすい図などを入れて・・
などと考えているとなかなか作成できないのですよ。

そのうちに時間を作って作成してホームページにもアップしますね。

~~~   院長   飯田 高久   ~~~

矯正の費用
コメントで何度か矯正の費用への質問がありましたので、

ブログでアップしていきます。

小さな矯正と全体的な矯正についてはホームページにもアップしてありますので、

今回は中くらいの程度の矯正についてアップします。

小学校低学年でよくあるのが前歯の幅が足りなくて歯並びが悪くなるケース。

本来なら顎が成長して乳前歯の横に隙間ができてから永久歯が生えるのですが・・・

遺伝や硬いものを咬まない為に刺激が不足して成長が促進されないのですね。

この時は、顎の横幅を拡げないといけません。

上下拡大  上の前歯4本と下の前歯4本の合計8本の矯正 28万円

この8本に目立ちにくい白色のブラケットという装置に変更すると+3万円

合計31万円となります。

これには、矯正をした後の保定装置の費用も入っています。

矯正の費用は状態によりさまざまですので、ケースに分けて少しづつアップします。

そのうちに、ホームページでまとめて充実させていきますね。

矯正の費用が知りたい! さんのケースも悩んでいる場所を教えていただければ

早めにアップしますよ!

矯正歯科 堺市 飯田歯科

~~~   院長   飯田 高久   ~~~
Copyright © 大阪 堺市の歯医者さん 飯田歯科のブログ. all rights reserved.