献血ルームでの似顔絵!
私はお休みになると、身体のケアーか
お買い物によく出掛けます!

お買い物に出かける場所は
難波が一番よく行く場所です、梅田が新しく綺麗になってから 出掛けましたが
何か落ち着かないので やっぱり難波が
多くなります!

先日 普段はあまり歩かない道頓堀辺りを歩いていると 新しいお店が出来て居たので入ってみました。
関西初出店だそうで、新鮮な魚介のお店です!

ランチの海鮮丼を注文しましたが、
私は食べれる自信が無かったので
『少な目で!』とお願いしましたが
それでも、多いのでびっくり!でした!
値段も安くて 新鮮な魚介が食べれるので
是非どうぞ!
79m1_2013100918114707c.jpg

その後 献血に行って来ました。
自分が出来る事なので、定期的にしています!
やはり、献血する人が少ないためか
献血ルームでは、いろんなサービスをしています!
その一つが 似顔絵です。

娘と二人で 描いてもらいました。
ずいぶん可愛く書いてもらえて
いい記念になりました。

79m2_201310091811490cb.jpg

みなさんも、人のためではなく
自分の為に献血してみてくださいね!

歯科衛生士 森本
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

私もよく成分献血をしています
初めまして。私も月に1、2回、成分献血(私はA型)をしていて、骨髄移植のドナー登録もしています(^_^)/
それで、人を助ける方法が、献血や募金以外にもあるので、それをお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』では、バザー品を一年中募集していて、バザー品の売り上げが、障害者福祉に使われています。 私は、献血でもらった景品も、自分では使わない物は、ここに送っています。
 このセンターでは、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。ここのセンターにバザー品を送ることは、障害者の方々に『仕事』を提供することにもなり、障害者の『自立』を支援することにもなります。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。 
 バザー品の送り先のHPはhttp://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
 また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたくて、そして多くの家庭に眠っている『不用品』が、社会貢献のお役に立ってもらいたいので(^^)
せきぐち | URL | 2013/10/11/Fri 23:45 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 大阪 堺市の歯医者さん 飯田歯科のブログ. all rights reserved.