FC2ブログ
歯周治療後のメインテナンス
歯周治療後のメインテナンスについて

先月までは、歯周治療についての少し専門的な お話をさせて頂きました。
今回は歯周治療後のメインテナンスについての お話です。

 歯周病は完全には治らないので、歯周治療の目的は、歯周病の進行停止という事になります。
そして、歯周治療後のメインテナンスの目的は、再発の防止。
                  最大の課題は、再発の早期発見・早期対応です。。
そのため、メインテナンス時にはプロービング(歯周ポケットの深さを計測)し、
BOP(計測時の出血)の有無を調べます。
 再発は、何らかの原因で歯肉縁下プラークが再び増えて、歯肉に炎症を引き起こす量に達した段階で始まります。
 歯周ポケット内に炎症が起きているかどうかは、BOPを調べる事で分かるのです。

 つまり、
BOPがある = アタッチメントロスがある。
      =縁下プラークがある。
      =歯周病が再発した。
という事になるのです。

 再発の早期発見・早期対応のためには、必要に応じた間隔での定期的なメインテナンスが大切
なのです。

 再発のリスクが高い人ほど、メインテナンスの間隔は短くなります。
①歯周病にかかりやすい人(全歯周病患者のうち10%)
   メインテナンスに入った段階で、歯を支えている歯槽骨が少なくなっている人で、
   年齢が若い人ほどリスクが高いです。
②歯肉縁上プラークコントロールのレベルに問題がある人。
③BOPのある部位が、30%を超える人。
 以上に該当する場合、歯周病が再発や進行しやすいので、
短い間隔でのメインテナンスをお勧め致します。

飯田歯科 チーム歯科衛生士
スポンサーサイト




Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 大阪 堺市の歯医者さん 飯田歯科のブログ. all rights reserved.